ページ閲覧数

2018/07/24

#第5回COT 

昨日,空港が到着機で混雑しており,二十分ほど上空で旋回して順番を待っていた.機内のテレビからニュースが流れていた.歪んだ優生思想が動機で起こった知的障害者施設の十九名殺傷事件から二年経過,大雨洪水で校舎が使用できない児童らは他校での合同授業を再開,介護疲れと思われる理由で七十四歳男性が九十七歳の母親を殺害.録画なのか,幾度も事実が通り過ぎて再び現れた,殺傷,再開,介護疲れ.前進も後進もせず,機体はぐるぐると回った.

今日,職場に戻ると新しい実習生たちが待っていた.いつものように面接すると,自分は作業療法士に向いていないと,悲痛そうに訴えていた.今までにどんな経験を重ねたのかは,わからない.彼女たちの自己評価は正しいのかもしれない.それでも作業療法士になりたいのかと訊ねると,涙目でハッキリと頷いた.それなら僕らが支援するから,何一つ心配するなと諭した.もしも,不安は何もないと答えたなら,現実の厳しさに直面させるつもりだった.

先週末,福岡で開催された第五回日本臨床作業療法学術大会に参加した.印象に残ったのは二つ.一つは事例報告や研究会活動を通した成功体験の満足感よりも,支援できなかったことに対する後悔と解決に向けた強い意志を語っていたこと.もう一つは非常に制限された法制度に失望しながらも,決してあきらめないと韓国のベテラン作業療法士が宣言していたこと.どちらも夢物語ではなく,現実的に実現可能な目標と手段を掲げていた.

いつか,僕らが解決したい課題は限りなく広く,深く,暗い.あらゆる人の潜在的な能力が活きる機会を創りたい.一つの目的地に向かって,臨床と研究という異なる手段で突き進む.どの入り口から進み始めても構わない.ペースとコースは決められていない.僕らは誰にも強制しない,誰にも屈しない.光で目が眩んでいる人を見かけたら,僕らが闇へ連れて行く.闇の中で動けない人と会ったら,僕らが決して消えない光になる.五年前に決めた覚悟だけは変わらない.


2018/01/06

「より満足したい個人,もっと前進したい国家」

沖縄フォーラム2017「沖縄の未来をデザインする」に,さっきまで参加していた.
以前から興味はあったけど,OTの友人たちに誘われて,やっと初参加.

経済産業省の若手官僚30人で構成されたプロジェクト
「不安な個人、 立ちすくむ国家」の中心メンバーである藤岡さんによるセッションと,
沖縄で社会課題や観光業発展などで躍動されている経営者も登壇してのシンポジウムだった.

ジョン・F・ケネディが大統領就任挨拶で放った言葉を思い出した.
「国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく,
 あなたが国のために何を成すことができるのかを問うて欲しい」

もし,国家が崩壊したとしても,同じ役割を担う組織が再構築されると思う.
国というのはあくまでも虚像で,異なる利害を調整し,
社会の秩序と安定を維持していくことを目的に存在してる.

だから国に依存して与えてもらうことを期待するのではなく,
個人と集合体のために意欲と能力を発揮しよう.国はあくまでサポート役に過ぎない.
これは団体,会社というコミュニティにも通じる,と解釈した.



色々な批判もあるらしいけど,タイトルを変えればいいのにと思う.
「不安な個人,立ちすくむ国家」ではなく,
「より満足したい個人,もっと前進したい国家」が内容的に適している.

不安は探せばキリがなく,多種多様なので国が解決できない原因や背景もある.
不安がないことではなく,より満足していることが目標だと思う.
若者,高齢者,障害者,非正規社員,母子家庭者という枠で縛らない.

自分の潜在的な能力を活用できる機会を創ることが目的で,
手段として人,制度などの環境をコントロールできること.
具体的な行動が仕事,趣味,育児,生活と呼ばれていること.

作業療法を提供する時に,いつも考えていることだった.またOTの話か.
でも視点が狭いというよりは,使いやすいレンズを選択しているだけのこと.
流れを本題に戻そう.えいっ.

能力を活かせていると感じることができれば,満足できる.
それを支援できていると判断できれば,前進していると感じる.
これは団体,会社,それに家庭というコミュニティにも通じる,と解釈した.

だからタイトルは,キャッチーではないけれど伝えたいことの本質である,
「より満足したい個人,もっと前進したい国家」
だったらいいのに,という感想メモ.

明日,子供の部活当番でなければワークショップにも参加したかったなぁ.
ただ,明日の役割も父親として潜在的に望んでいる仕事なので,
より能力を活かして満足したい子供たちと自分たちのために楽しんでくる.

企画,運営のみなさま,そして誘ってくれた友人たち,
考える機会を頂き,ありがとうございます.

この一年くらい考え続けてきた疑問の答えが,見つかりそうな気がする.

参考 → 「不安な個人、 立ちすくむ国家」

#沖縄フォーラム2017


2017/10/26

上肢機能回復アプローチ  脳卒中上肢麻痺に対する基本戦略


一気に半分まで読み進んだ.


10年以上前に回復期リハ病棟で担当した,忘れらない患者さんがいる.
まだ働き盛りだったその方は麻痺側手で物を押さえることはできたが,
過剰な筋緊張をコンロールできずに生活で手を使用することはなかった.
それでもADLは自立していたので,やり方を工夫することで復職も可能と予測した.
生活の中で手を使う練習と,4ヶ月後の退院に向けた復職練習を提案した.
頑なに拒否された.

外来リハを利用している知人を指し,
「あの人はもう10年も同じリハビリを受けている.いつか完全に治る可能性があるという意味だろ.
それなら自分も治ってから生活の練習や仕事に戻る練習をする」
外来を利用している件の患者さんは,筋緊張の緩和を目的とした徒手的治療を受けていた.

麻痺の回復には限界があること,あなたの手は生活で使えば今よりも上手く使えること,
手を治すことは手段であって,目的は生活や仕事が再びできるようになること.
若かった私は必死に説明したが受け入れてもらうことはなく,
患者を不安にさせなると職員から指導を受けた.患者の望みに答えなさい,と.

私は上肢機能が回復するメカニズムを説明できないこと,
その方が望むような上肢機能が回復する知識と知恵を持ち合わせていないことが,
歯がゆさ,情けなさ,無能感を生み出していた.

同時期に担当していた方々も思い出す.
少しずつ回復する麻痺手を使ってスプーンで食事をする過程において,
効率的で効果的な道具の使い方を学習していく様を目の当たりにした.
退院後に生活で使える手になった方も,使えなくなった手になった方もいた.
運動学的,生理学的に説明することを試みたが,メカニズムと根拠はひどく曖昧だった.
無責任さは,いつも,密かに強く,自覚していた.

もしも,と思うことがある.

もしも私が10年前にこの本を読む機会があったのなら,
きっと私は正確で多様な選択肢を柔軟に提案することができた.

でも,もしも,は起こせない.
絶対に,起こせることはある.
今,この本を読むことで今の私と患者さんの期待に応えることができる.
それが過去に担当した彼らへの報いと恩返しになるかもしれない.

一気に半分まで進んで,また初めから読み直し始めた.







2017/09/24

第51回日本OT学会旅行記

久しぶりに会う方々が、何の病気ですかと遠慮がちに声をくれた。最強の食事を始めてからMCTオイル、良質の野菜と脂質をできるだけ多く摂り入れ、加工食品や人工甘味料をできるだけ身体に入れない。失った17kgの体重よりも、身体と頭のパフォーマンスを保つ意識を手に入れたことに価値がある。

ルールはシンプルで、必要なことを求め、必要の無いことを拒む。

習慣を変化させるために必要なことは、自分の欲望を抑える強い自制心ではなく、決まった時間に決まった小さい行動を起こすこと。習慣が変われば意識が変わり、意識が変われば行動が強化される。


51回日本作業療法学会の前に、東京工科大へ寄った。佐賀の冨永美紀さんが学生を対象に特別講義を開くと聴いて、友利くんにお願いして受講させてもらった。彼女が震える声で淡々と語るエピソードに潜む、覚悟と誇りを学生が感じ取るのは、今はまだ少し難しいかもしれない。認知症に悩む人と家族と職員を抱きしめるように関わる彼女のスタイルは、初めから完成していたものではなかった。戸惑い、迷い、疑い、絶望と確信、自信、感動を行ったり来たりする中で育まれつつあった。彼女の勇気ある行動と綿密に練られた支援戦略は、これから先も精度を高めていくに違いない。

最低の場所から見上げ、最高の場所から振り返るとわかることがある。








自分や患者さん、家族、職員の潜在的な能力と限界を繰り返し確認する。この経験を重ねた者しか選択できない言葉と行動がある。学生たちもいつか辿り着けと願う友利くん、澤田さんの背中を追って会場へ向かった。

九月の東京は沖縄と変わりない気温で、高層ビル群とうんざりするほどの人混みを避ければ地元にいる感覚だった。日本各地の作業療法士と再会して挨拶し、しばらく語り合った。現実に適応しながら理想を追い求めているうちに、必然と偶然が重なり巡り合ったのだと思い出した。ボクらは不完全であることを自覚している。だからこそクライエントに必要な支援ができる自分へ近づくために、日々少しずつ行動を変化させている。変化は行動しない選択を伴う時がある。望む何かを得るためには、何かを失うことも覚悟する。何かを変えることができる人は、失うことを怖れない。


行動を起こさない雄弁な人よりも、不安定でも行動する人の方が作業療法士として魅力的で可能性がある。







今回は日本作業療法学会に参加するためではなく、日本臨床作業療法学会(COT)の理事会に出席することが旅の目的だった。理事として果たすべき使命、達成するための手段、予測な可能なリスクと対策について早朝から延々と話し合った。それぞれの理事メンバーは業界、組織、団体を横断して大事にしている人間関係があるため、変化を起こすために投じた一石が与える影響を予測できる。慎重に、それでも恐れることなく、我々は何のために存在しているのだと何度も問いを立てる。まだ解決するべき課題はあるけれど、方向性は見定まった。

「ボクらにできること、やるべきこと、やりたいことをボクらで大切にしよう」








齋藤さんと竹林さんの優しく強い言葉を抱きながら、駅へと続く階段を駆け登った。まったくの無条件で自分を支え、成長させてくれる仲間がいる。ボクが求めていたことは、後になって見つけた。彼らと出会うために必要な過程を歩んできたのだろうと、今になってようやく理解できる。秘かに温めてきた夢があった。その実現に向けて、昨日から歩き始めた。この道を進めば何を得るのかと、胸の中で期待と不安がぐるぐる踊る。ただいま、2kg太ったよ。